診療科のご案内
診療科のご案内CLINICAL DEPARTMENT

整形外科

当科の特色

当科は素早い対応と高い技術で地域住民、医療機関に信頼される整形外科を目指して診療を行っています。

対象疾患

骨関節外傷の治療をはじめ、脊椎脊髄外科、手の外科の専門外来を設置しています。また検診を通じて地域医院と連携した骨粗鬆症治療を行っています。
手術は患者さんの体に優しい「低侵襲」手術が特徴で術後外固定(ギプス)の少ない骨折治療、腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアなど脊椎外科領域での顕微鏡手術を行なっています。脊椎圧迫骨折後の椎体内セメント注入術(BKP)の認定病院となっています。手・肘・上肢の疾患・外傷に対しては、必要に応じて関節鏡や顕微鏡なども用いて「低侵襲」を心がけた手術を行っています。

専門外来
  • 脊椎外科(椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症など)
  • 手の外科(手指、手関節、肘関節疾患、外傷)
手術
  • 脊椎外科:腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニアに対する顕微鏡手術、脊椎圧迫骨折後偽関節に対する骨セメントを用いた椎体形成術など、その他脊椎疾患に対する低侵襲手術
  • 手の外科:手指・手関節・肘関節に対する(関節鏡含む)関節形成手術・関節固定術、絞扼性神経障害に対する除圧術・神経移動術、骨軟部腫瘍に対する掻爬・摘出術、腱鞘炎に対する腱鞘切開術、骨折・外傷(腱断裂、関節脱臼など)に対する手術
  • 関節外科:人工関節手術(膝関節、股関節)
リハビリテーション
    術後の機能回復訓練を中心として行っています。疾患に応じてリハビリ専門病院に連携して治療を行っています。

脊椎外科専門外来

脊椎外科では頚椎症性脊髄症や頸椎後縦靱帯骨化症などの頸椎疾患や腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症などの腰痛性疾患を扱っています。
当院では“低侵襲(体にやさしい)”手術的治療を行っており、顕微鏡の手術手技への応用を早くから行っております。皮膚を切る範囲が小さくなり術後早期の歩行が可能で術後の入院期間も大幅に短縮できます。また、腰椎すべり症に対する脊椎固定術なども行っています。

脊椎圧迫骨折に対する骨セメント充填術

脊椎圧迫骨折に対する骨セメント充填術

腰部脊柱管狭窄症に対する顕微鏡視下手術

腰部脊柱管狭窄症に対する顕微鏡視下手術

手の外科専門外来

上記のような疾患・外傷に対して、以下のような手術を行っています。

母指CM関節症に対する関節形成術

母指CM関節症に対する関節形成術

キーンベック病に対する部分手関節固定術

キーンベック病に対する部分手関節固定術

橈骨遠位端骨腫瘍 骨腫瘍切除術

橈骨遠位端骨腫瘍 骨腫瘍切除術

腱断裂に対する腱移行術

腱断裂に対する腱移行術

脆弱性骨折・難治性骨折外来

当院では地域の先生方と連携し、高齢者の日常的な骨折に対応しております。千里救命救急センターと連携し、可能な限り早期に手術加療を施行し、臥床期間を短縮することでADL低下を最小限にしています。近年では、高齢者の骨折についても整形外科的なアプローチだけでなく、さまざまな合併症や併存疾患に対応した全身的なアプローチが必要とされており、栄養や急性期リハビリ、十分な除痛といった観点からもアプローチをすることで、回復期リハビリにスムーズに移行できるように努力しています。
また、長期の臥床期間を余儀なくされる転位のない骨盤骨折(恥坐骨骨折を含む)や、骨癒合が得られにくい非定型骨折など、適切な診断と治療でADL低下を防がなければならない骨折も提唱されています。そのような骨折であっても、エビデンスに基づいた治療でADL低下を最小限にしたいと考えております。症例に応じたゴールを設定し、可能な限りもとの生活に復帰していただくことを目標にして、機能回復を目指しております。

整形外科で手術を受けられる患者さんへ

日本整形外科学会症例レジストリー(JOANR)構築に関する研究について

研究機関   大阪府済生会千里病院 整形外科
研究責任者  坂口 公一(部長)
研究分担者  伊達 優子  佐藤 秀峰  小山あかね
このたび大阪府済生会千里病院 整形外科では、運動器の病気で入院・通院されていた患者さんの診療情報を用いた研究を実施しております。この研究を実施することによる患者さんへの新たな負担は一切ありません。また、患者さんのプライバシーの保護については法令等を遵守して研究を行います。
あなたの試料・情報について、本研究への利用を望まれない場合には、担当医師にご連絡ください。

1.研究の目的 及び 意義

この研究の目的は、運動器疾患の手術に関する大規模データベースを作り上げることです。整形外科が扱う運動器疾患は、小児から高齢者まで幅広い方々を悩ませ、多くの方の健康寿命を損なう大きな原因となっています。その治療である手術の件数も年々増加していますが、その全国規模の全容を捉えられるデータベースがまだありません。全国の整形外科で情報を共有できるシステムを作り上げることは、有効な治療法や手術の安全性を科学的に確立するために大変有用です。日本整形外科学会が作りあげるこの大規模データベースに参加・協力し、より良い治療を探って参ります。

2.研究の方法

  1. 研究対象者

    2020年4月~2030年3月の間に大阪府済生会千里病院 整形外科において、運動器の手術を受けられた方を対象とします。人工関節手術、関節鏡視下手術、脊椎手術、骨折治療の手術などが対象となります。

  2. 研究実施期間

    本研究の実施許可日~10年間(当院では、実施許可日より西暦2030年3月まで)

  3. 研究方法

    インターネット上のデータベースへ登録します。

  4. )使用する試料・情報

    ◇ 研究に使用する試料
    無し
    ◇ 研究に使用する情報
    匿名化したID、年齢、性別、ハッシュ値(氏名、性別、生年月日などから算出される文字列)、疾患情報、手術情報、手術・麻酔時間、手術日、術者情報、看護師数、技師数、治療成績、使用した器材・インプラント など。情報を提供して下さった患者さん個人が特定できないよう、これらの情報は完全に匿名化されてデータセンターへ提出されます。
    調査項目の詳細は、JOANRのホームページ(https://www.joanr.org/about/patient)の「情報公開項目」をご覧ください。

  5. 試料・情報の保存

    登録されたデータはデータセンター(日本整形外科学会)の責任下に保存されます。保存期間は本研究終了(あるいは中止)後5年間とします。

  6. 研究計画書の開示

    研究に関する情報(研究計画書等)を日本整形外科学会ホームページ(https://www.joa.or.jp)およびJOANRホームページ(https://www.joanr.org)に公開します。

  7. 研究成果の取扱い

    ご参加頂いた患者さんの個人情報がわからないようにした上で、診療報酬改訂に向けた実態調査などの政策対応、専門医制度のための症例データベース、医療機器の安全性向上に資するデータベース構築、また学術論文などの公表に日本整形外科学会員又は関連学会員が用います。

  8. 問い合わせ・連絡先

    この研究についてご質問等ございましたら、下記の連絡先までお問い合わせ下さい。また、あなたの試料・情報が研究に使用されることについてご了承いただけない場合には研究対象とはしませんので、下記にお申し出ください。資料・情報の使用を断られても患者さんに不利益が生じることはありません。なお、研究参加拒否の申出が、既に解析を開始又は結果公表等の後となり、当該措置を講じることが困難な場合もございます。その際には、十分にご説明させていただきます。
    大阪府済生会千里病院 整形外科
    研究担当医師  坂口 公一  伊達 優子  (佐藤 秀峰)  小山あかね
    連絡先(電話番号)06-6871-0121(平日:9時~17時)

  9. 外部への試料・情報の提供

    ⑴ 保存された情報等は他の医学研究への利用を目的に提供されることがあります。その際にはデータの提供の可否について日本整形外科学会は倫理委員会の意見を聞き、そこで適切と判断された場合に限ります。
    ⑵ 情報を他の営利団体、民間の機関(規制機関など)に提供する場合があります。登録した医療材料に有害事象や不具合が起き、医学的・人道的な観点からその情報を製造販売企業や審査機関に提供すべきと判断される場合です。
    いずれも提供されるデータは、データセンターに登録・保管されている情報で、研究に参加して下さった患者さんの個人を特定できる情報は含まれていません。

  10. 研究組織

    大阪府済生会千里病院 整形外科 〒565-0862 大阪府吹田市津雲台1丁目1−6
    公益社団法人 日本整形外科学会 理事 種市 洋(症例レジストリー委員会担当)
    〒113-8418 東京都文京区本郷2-40-8 Tel. 03-3816-3671 Fax. 03-3818-2337

 

診療実績

手術実績

2021年度 2022年度 2023年度
手の外科 122 116 130
 骨、関節、靱帯 65 61 77
上肢 329 346 329
 肩、上肢骨折 246 258 251
 鎖骨および周辺骨折 44 51 51
下肢 250 298 271
 下腿骨折 26 45 48
 足骨折 14 22 21
 足関節骨折 56 54 82
 膝関節骨折 11 17 14
 大腿骨近位骨折 55 75 62
人工関節 110 117 129
 股関節 24 29 32
 膝関節 34 36 33
 大腿人工骨頭 47 51 64
脊椎 123 122 134
 頸椎 18 17 20
 胸椎 10 12 16
 腰椎 95 93 98

施設認定

  • 日本整形外科学会専門医制度研修施設
  • 日本脊椎脊髄病学会椎間板酵素注入療法実施可能施設

スタッフ紹介

伊達 優子
主任部長

専門分野
整形外科
所属学会
日本整形外科学会
中部日本整形外科災害外科学会
日本脊椎脊髄病学会
日本骨折治療学会
認定
日本整形外科学会認定医・専門医
日本脊椎脊髄病学会専門医・指導医
大阪府難病指定医

坂口 公一
部長 兼 リハビリテーション科科長

専門分野
整形外科一般
所属学会
日本整形外科学会
中部日本整形外科災害外科学会
日本手外科学会
認定
日本整形外科学会専門医

小山 あかね
医員

専門分野
整形外科一般
所属学会
日本整形外科学会
中部日本整形外科災害外科学会
日本骨折治療学会
認定
日本整形外科学会専門医
日本医師会認定健康スポーツ医
緩和ケア研修会修了
大阪府難病指定医

小浪 裕幸
医員

専門分野
整形外科
所属学会
日本整形外科学会
認定

河鰭 拓弥
医員

専門分野
所属学会
認定

田村 俊也
専攻医

専門分野
整形外科
所属学会
日本整形外科学会
認定
緩和ケア研修会修了

岸 裕貴
専攻医

専門分野
整形外科
所属学会
日本整形外科学会
日本骨折治療学会
中部整形外科災害外科学会
認定
緩和ケア研修会修了

葛城 智範
専攻医

専門分野
整形外科
所属学会
日本整形外科学会
認定
緩和ケア研修会修了

森川 圭二郎
専攻医

専門分野
所属学会
認定
ページ上部へ