診療科のご案内
診療科のご案内CLINICAL DEPARTMENT

泌尿器科

泌尿器科のご紹介

泌尿器科は尿路(腎、尿管、膀胱、尿道)、男性生殖器(前立腺、精巣、陰茎)、さらに内分泌臓器(副腎、副甲状腺)を取り扱い、それらに関する疾患に対して手術を中心とした治療を行う診療科です。

次のような症状のある方は受診をおすすめします。

  • 尿に血が混ざる、検診で尿に血が混ざっているといわれた。
  • トイレが近い、夜中に何度もトイレに起きる。
  • 尿の勢いが悪くなった、尿が出にくくなってきた。
  • 尿をしたり、したあと痛みがある、残尿感がある。
  • 尿が漏れる、トイレに間に合わない。
  • 腰が痛い、熱がある。
  • 陰嚢が腫れている、痛みやしこりがある。

前立腺がん検診を受けてみてください。

前立腺がんは近年増加傾向にあり、男性のがん死亡原因の上位にある疾患です。しかし、他の臓器のがんに比べ進行が遅いことが多く、早期に発見すれば、薬物治療や手術でほぼ治療できます。早期に発見する方法は、前立腺腫瘍マーカー(PSA)を採血して測定することです。中高年の男性は年に1度程度検査を受けてみてください。

あらゆる泌尿器科疾患に対応しております。

診察当日にレントゲン検査、超音波検査を行い、必要最小限の通院日数で診断することを心がけ、できる限り患者さんのご希望にあわせた入院、治療を実践しております。

手術
  • 前立腺肥大症や膀胱腫瘍に対しては 内視鏡的治療を中心に行い、安心して手術を受けていただけます。
  • 大きな手術としては、 腎がんに対する腎摘出術、進行性膀胱がんに対する膀胱全摘除術+尿路変更術、前立腺がんに対する前立腺全摘除術を行っています。
  • さらに腎、副腎については可能な限り腹腔鏡下手術を行っています。
尿路結石治療 最新の結石破砕装置を導入いたしました。腎結石・尿管結石治療に貢献させていただけると思います。可能な限り、紹介受診していただいた当日に『日帰り治療』をさせていただきます。
診療所や病院との連携 地域の診療所の先生方との病診連携をすすめ、手術治療を行い、安定すれば紹介医のもとで通院していただくようにしております。
また、大阪大学医学部附属病院泌尿器科と連携をはかり、より高度な診療を必要とする場合は紹介させていただくようにしております。

手術実績

  2014年 2015年 2016年 2017年
膀胱癌        
経尿道的手術 86 97 71 126
部分切除 0 1 0 2
全摘術 6 4 1 4
         
前立腺癌        
手術 16 11 11 23
         
精巣癌 精巣摘出術 6 1 6 10
         
陰茎癌 手術 2 2 2 1

結石

  2014年 2015年 2016年 2017年
ESWL
(体外衝撃波結石破砕術)
89 84 55 63
TUL
(経尿道的尿路結石除去術)
12 13 13 4
PNL
(経皮的尿路結石除去術)
0 2 1 0

前立腺肥大症

  2014年 2015年 2016年 2017年
TUR-P
(経尿道的前立腺切除術)
31 19 27 13
開腹 1 0 1 3

学会関係

  • 日本泌尿器科学会基幹教育施設

泌尿器科医師のご紹介

今津 哲央
部長

専門分野
泌尿器科一般
所属学会
日本泌尿器科学会
日本泌尿器内視鏡学会
日本内視鏡外科学会
日本泌尿器腫瘍学会
日本癌治療学会
認定
日本泌尿器科学会専門医指導医
泌尿器腹腔鏡技術認定医
緩和ケア研修会修了

花房 隆範
副部長

専門分野
泌尿器科一般
所属学会
日本泌尿器科学会
日本泌尿器内視鏡学会
認定
日本泌尿器科学会専門医・指導医
緩和ケア研修修了

山中 庸平
医員

専門分野
所属学会
日本泌尿器科学会
日本泌尿器内視鏡学会
癌治療学会
日本泌尿器腫瘍学会
認定
日本泌尿器科学会 専門医

木内 利明
医員

専門分野
泌尿器腫瘍学
所属学会
日本泌尿器科学会
日本癌学会
日本癌治療学会
日本臨床腫瘍学会
認定
日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本がん治療認定医機構指導医
身体障害者福祉法(大阪府)指定医
緩和ケア研修修了

岡田 宜之
医員

専門分野
泌尿器科
所属学会
日本泌尿器科学会
日本泌尿器内視鏡学会
認定
日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本泌尿器内視鏡学会認定医
泌尿器腹腔鏡技術認定医
緩和ケア研修修了
ページ上部へ