診療科のご案内
診療科のご案内CLINICAL DEPARTMENT

栄養科

栄養科の理念・目的

栄養科では患者さんの疾病・栄養の改善を図ることを目的に、栄養状態の評価を行い、医療の一環として患者さんに美味しく、安全に喜ばれるお食事を提供できるよう努めています。
全診療科を対象にしたチーム医療であるNST(栄養サポートチーム)や個々の患者さんの状態に合わせた栄養管理を行い、食事管理や栄養指導、チーム活動等により、早期退院、社会復帰への支援を行います。

病院食

当院では、病態にあわせた食種や食形態、嗜好など個々の患者さんのニーズに合わせた食事を心がけ、患者さんのQOLの向上や退院後の食生活の改善にもつながるお食事を提供しています。又、温冷配膳車を採用し温かいものは温かく、冷たい物は冷たく、患者さんのもとへ配膳する事が可能です。年24回の行事食や選択メニューなども実施しています。

食事時間

朝食 7:30
昼食 12:00
夕食 18:00

食事の種類

一般食 常食、全粥食、分粥食、産科食 など
特別食 減塩食、糖尿病食、肝臓病食、腎臓病食、膵臓病食、胃潰瘍食、術後食、貧血食 など
その他 嚥下調整食、形態調整食(刻み、極刻み、粗刻み、一口大、ミキサー) など

行事食等の紹介

2月節分
節分
3月ひなまつり
ひなまつり
4月お花見膳
お花見
7月七夕
七夕

部署の取組について

栄養科では、栄養管理・栄養治療業務として、栄養指導、栄養管理計画書の作成、NST業務等を
担当し、患者給食・栄養管理業務においては、治療食等の献立作成や食事変更等に関する業務を行っています。栄養サポートチーム(NST)をはじめとする院内のさまざまなチームにも関わり、専門性を生かした活動を展開しています。
患者さんに寄り添い、より良い栄養管理を提供出来るよう取組んで参ります。

栄養評価

入院患者さんを対象に栄養スクリーニングを行い、医師や看護師と連携をとり適切な栄養がとれるよう日々考えています。個別に栄養管理が必要な患者さんには栄養状況の確認を行い必要栄養量が充足できるように食事内容の配慮や説明を行っています。

栄養サポートチーム(NST)

当院のNSTは、医師・歯科医師・看護師・薬剤師・理学療法士・管理栄養士・言語聴覚士・事務員などの多職種で構成されいます。入院中の患者さんの栄養状態を評価し、栄養改善が必要な患者さんに対して適切な栄養管理方法を提案しています。管理栄養士は、患者さんの栄養評価や栄養プランの立案を行い、早期退院に貢献しています。

チーム会活動

NST(栄養サポートチーム) 、糖尿病チーム、糖尿病透析予防チーム、緩和ケアチーム、褥瘡対策チーム等

栄養指導について

個人栄養指導では、患者さん個々に異なる症状や嗜好などに応じ、詳しく栄養指導をさせていただきます。栄養指導は予約制になりますので、栄養指導をご希望される方は、必ず主治医にご相談ください。

  個人栄養指導
(所要時間:約30分/回)
指導場所 1階 栄養相談室(医療相談室)
時間枠 平日  9:20~16:40

情報通信機器を用いた外来栄養指導(電話栄養指導)のご案内

令和2年度より、お電話での栄養指導が可能となりました。電話栄養指導は、初回の栄養指導を対面で受けて頂くことが必要です。詳しくは当院管理栄養士にご相談ください。

  • 栄養指導
  • 栄養指導

糖尿病教室のご案内

糖尿病の患者さん、ご家族、糖尿病についてご興味のある方は、様々な職種で行っている「糖尿病教室」も開催していますので、ぜひご参加ください。

スタッフ(令和2年6月現在)

管理栄養士 4名
日本糖尿病療養指導士 2名
病態栄養専門管理栄養士 2名
NSTコーディネーター 1名
NST専門療法士 2名

災害時の対応

当院では災害時に備え、3日分の非常食・飲料を確保しています。

ページ上部へ