当院について
当院についてABOUT HOSPITAL

済生会について

(※済生会では、「恩賜財団(おんしざいだん)」を一行に書かずに、恩賜財団組み文字表記 と二行に分けた組文字にしますが、このホームページでは、コンピュータの特性上文字修飾が困難なため、本来の組み文字とせずに一行で表わしています。)

済生会小史

明治44年2月11日、明治天皇は、時の総理大臣桂太郎を召されて「恵まれない人々のために施薬救療し、済生の道を弘めるように」との済生勅語に添えてお手元金150万円を下賜された。桂総理はこの御下賜金を基金として全国の官民から寄付金を募って同年5月30日恩賜財団済生会を創立した。 以来今日まで101年、政治・経済・社会情勢の変化に伴い、存廃の窮地を乗り越えるなど幾多の変遷を経ながらも、本会は創立の精神を引き継いで保健・医療・福祉の充実・発展に必要な諸事業に取り組んできた。 戦後、昭和26年に公的医療機関の指定、同27年に社会福祉法人の認可を受け、現在、社会福祉法人恩賜財団済生会となっている。

済生会の紋章について

済生会の紋章について
初代総裁・伏見宮貞愛親王が創立当時、上のような「撫子の歌」を済生会の事業に寄せられたのにちなみ、いつの世にもその趣旨を忘れないようにと、撫子の花に露をあしらったものが大正元年より済生会の紋章となっています。
社会福祉法人 恩賜財団 済生会 WEBサイト

沿革

済生会の紋章について当院は、平成15年4月1日に大阪府済生会千里病院として開設されましたが、昭和42年に大阪府と大阪府三師会(医師会、歯科医師会、薬剤師会) とにより設立された大阪府保健医療財団新千里病院を前身としています。

大阪府保健医療財団は、隣接する府立千里救命救急センターや吹田市立休日救急診療所などと協力して、37年間千里ニュータウン地域住民の健康管理体制の確保と組織的な公衆衛生活動を推進してきました。 平成14年7月1日に林院長が着任、平成15年4月1日大阪府済生会(吹田医療福祉センター)が新千里病院と千里保健医療会館の設備の一部を経営移管を受け、新千里病院が担ってきた登録医制度など地域の中核病院としての役割を引き継ぎ、さらに新しく「心のこもったチーム医療を行う。」を理念として、地域住民の期待に応える診療体制の充実を図ってまいりました。

外来診療では土曜日診療や平日午後診療の増設を行い、社会福祉法人としての福祉面のサポート充実のため福祉相談室を設置、さらに厚生労働省より「医師臨床研修指定病院・管理型」の指定を受け、また二次救急告示病院(内科、外科)に認定され、隣接する吹田市休日急 病診療所、府立千里救命救急センターとともに一次から三次救急まで対応できる救急医療ゾーンとしての機能を整えました。さらに、病院周辺に無料シャ トルバスの運行を開始、地域住民を対象とした健康講座や糖尿病教室・肝臓病教室、出産準備のための母親教室も充実を図ってまいりました。

平成16年度は、府立千里救命救急センターの管理運営事業の委託を開始、平成18年度からは病院の救急部として併合し、救急医療体制を完全なものとすることができました。また、セカンドオピニオン外来も開始、医療相談窓口と医療安全管理室の設置など引き続き医療機能の強化に取り組みました。医師臨床研修指定病院としては初期臨床研修医の受け入れを開始しましたが、さらに2年間の臨床研修終了後の医師を育成しかつ地域の中核病院として医療レベルの継続的な向上・研鑽に資するよう、後期臨床研修医制度を制度化し平成17年度から募集を始めました。

また病診連携・病病連携の推進のため、登録医との症例検討会や学術講演会を定期的に開催、患者紹介や検査予約の受付など地域医療連絡室の業務時間を午後8時まで延長し、登録医との連携をさらに深め新規登録医も増加しています。

地域住民に対する健康講座を積極的に拡大して出張健康講座も開始、地域医療への貢献・地域住民との関係強化を進めております。

ページ上部へ